ボール(ブール)の投法はいろいろありますが、この投げ方を覚えればビュットに近づくというものではありません。これらの投法を踏まえて自分の中に落とし込む必要があるのです。投げ方と同時に基本的な動作を覚えても、個人個人のクセや腕力に違いがあり、その上テラン(地面)の状態も一投ごとに変化します。ブールをコントロールするのは、いかに失投を少なくするかということです。

ポワンテの3つの投法

ビュットにボールを近づける投法をポワンテと言います。ポワンテの投げ方には3つの投法があります。

  • ルーレット:サークル付近から地面を転がす投法です。投げる強さに気を付けましょう。手首をしっかり返してバックスピンを掛けないとブールの勢いは止まりません。
  • ドゥミポルテ:サークルとビュットの中間あたりに落として寄せる投法です。ボールを落とす位置を常に意識して距離感を掴む練習が必要です。
  • ポルテ:ビュットの近くに落として寄せる投法です。上に向かって山なりに投げます。ボールの移動距離を短くして地面(テラン)の影響が受けにくくなります。

それぞれの投げ方は試合状況やテラン状態で使い分けます。

自分の投げ方ではどのくらいの距離が出るのか?
投げるたびに距離が違うのはビュットに意識が行っているためです。

ビュットまでの距離の中で、自分はどんな投げ方をしてどの位置にボールを落としたかを意識してみましょう。

出典:GEOLOGICより映像をお借りしています。

ティールの3つの投法

相手ブールに自分のブールをぶつける投法をティールと言います。ティールの投げ方には3つの投法があります。

  • ラッフル:サークル付近から地面を転がして当てる投法です。自分のブールと相手ブールとの直線状に落とします。
  • ドゥヴァン:当てるボールの20~30cm手前に落として当てる投法です。地面の硬さによってはブールがバウンドしてしまい、狙ったブールを飛び越えてしまいます。
  • オフェール:狙ったブールにダイレクトに当てる投法です。当たった瞬間に入れ替わりで自分のブールが残ることをカロと言います。ティールの醍醐味ですね。

ティールはペタンクでも華やかで目立ちますが、外せば無駄球にもなってしまいます。相手の絶妙な寄せ球を弾き飛ばす爽快感は見ているほうもゾクゾクします。
ティールで意識することは狙い球を打とうとするよりも、置きにいくこと。

出典:GEOLOGICより映像をお借りしています。

頭では理解したものの、いざやってみると思うようにいかないもどかしさ、1回成功しても2回目に上手くいくとは限らない・・・

ペタンクの魅力は、思うようにいかないブールを
いかにコントロールして自分のモノにしていくかに限ります。

また平らに見えるテランでも、ちょっとした起伏で大きく変化します。これらを読んで進めていくには、ポルテやオフェールをマスターしておくことも重要かも知れません。

これらを繰り返していくうちに、ペタンクの魔力にハマる人が続出です。

次はペタンクに必要なものです。⇒